11/19(土)飯田國彦先生「傾聴ワーク」

11/19(土)に飯田國彦先生のプレミアム講演会『傾聴ワーク』が開催されました♪
以下に受講者のレポートを掲載します。
*******************************************
今回、飯田先生の傾聴ワークショップに参加して、聴き役の傾聴のしかたで話す方はとても充実した気分になることに気づきました。
私は普段子供との話の中でどうしても自分の聴きたいことを聴いてしまいます。そうではなく、よく分からなかったことを聴くようにすることで話す方が話したいことをより話しやすくなると分かりました。
今日の講座で学んだ傾聴の仕方で3分や5分、子供の話しを聴く時間をつくろうと思いました。
ありがとうございました。
〈レポートY.O.〉
*******************************************
子供に対しての傾聴法を学びたいと思い、参加した講演会でしたが、世の中の大体の問題は傾聴ができていないから起こっていると聞いて驚きました。しかし確かにお互いわかり合えていなくても「相手の心に寄り添って聴いてみると解決法が浮かぶ」というのはワークを通じて感じたところでした。傾聴の手順、詳しいポイントが学べてすぐに実践に結びつく身になる講義でした。
  〈レポートH.T.〉
*******************************************
講演会の冒頭に子供の8割が、親に一度も話を聞いてもらってないというアンケート結果をおっしゃった時、衝撃な結果にえっ?と耳を疑いました。
毎日子供と話をしているのに…でもその結果は子供の感じる素直な言葉だと思います。
私の息子は1歳4ヶ月。これから沢山喋りだす時期なので向き合って頷いてあげる事の大切さを更に感じたお話でした。
「傾聴する時は全時間を相手に差し上げる」先生のその言葉を忘れないようにします。
  〈レポートY.T.〉
*******************************************
飯田先生
スポンサーサイト

10/20(木) 山内宥厳先生「楽健寺の天然酵母パン講習会」

りんごや人参、長芋、ごはんといった、とても身近な素材だけでパン種ができることにまず驚きました。出来上がったパンは優しい味で本当に美味しく、何より自然のありがたみを感じることができます。子どもと一緒に作れば立派な食育ができると思いました。
レシピどおりに作ればいいという訳ではなく、試行錯誤しながら自分のベストを探すことが大切というお話は、育児にも大いに通じる部分があり、とても印象的でした。
ホームベーカリーで気軽に美味しい天然酵母パンが作れるので、講習会で頂いたパン種を絶やさないよう大事に育てていきたいと思います。  
〈レポートK.K.〉
*******************************************
なんというか、ふしぎなパンです。食べてみると分かります。ご飯を食べるように食べられます。とても優しい味がします。これを自分で焼けるようになりたい!と思いました。まずは、ホームベーカリー購入!?(笑)」
  〈レポートA.T.〉
*******************************************
パンづくりに興味があって参加したので、楽健寺の天然酵母がどんなものなのかも知らずに講習を受けました。
講習会を終えて一番の感想は、『感動した!ホームベーカリーを買って帰ろう‼』でした。
酵母から作り方を教えて頂いたので、何が入っているパンなのか分かり、しかも材料全てが、普段個々で食べているもの。これは何?っという粉末を入れることもなく(イーストとか)初めて、これなら子どもにも主人にも食べて欲しいと思ったパンでした。
パンだけでなく、名前に躍らされず自分の目で見て、考えて色々な選択をして行きたいです。
上手く言えないんですが、タッチの講座は、参加したらその講座の内容以上に広く?1つ先のことを学んで帰れます。
これからも、宜しくお願いします。
  〈レポートT.N.〉
山内先生パン

9/25(日) 川合由美子先生「人格適応論」

人格適応論には以前から興味があったのですが このたび初めて受講できました。
これまでと少し違う分析の仕方や分類方法に触れ、新鮮な感覚でした。まだ理解の及ばない部分もありますが、自分の適応型をチェックし、グループでの話し合いで色々な意見を交換でき、とても刺激になったし面白かったです。川合先生の柔らかなお言葉が 初心者の自分にも温かく流れてきて、素敵な一時となりました。 これまで解決できなかった問題と向き合えるきっかけになればよいと思います。
〈レポートT.O.〉
*******************************************
自分を知るということは、それだけではなく、親との関係や我が子との関係を見つめなおすいいきっかけになりました。是非夫や娘にもチェックリストを試してみて家族と話をしてみようと思います。
また、6つのタイプを知って終わりではなく、それをどう活かすか、相手を受け入れるためにいろんな角度から相手を見るということが大切なんだろうなぁと感じました。ありがとうございました。
 〈レポートS.H.〉
*******************************************
親の養育スタイルによって自分がどの適応タイプか分析しました。私は親の養育スタイルと自分の適応タイプが一致せずに、どういうことだろうかと混乱しました。しかし、グループで話していくうちに、親の養育スタイルは2番目に高い自分の適応タイプであることがわかりました。これは自分ではあまり意識していない部分なのかもしれません。今までにない気付きがあり、今後、もっと学習を深めてみたいと思いました。
 〈レポートM.Y.〉
川合先生 人格適応論

8/20(土) 山内宥厳先生「二人ヨーガ楽健法」

疲れているのが当たり前で気持ちの切り替えが難しい育児中ですが、楽健法をしてあげていると身体が温かくなったり心が穏やかになったりして、思いやりや慈しみの気持ちに変化していきました。してもらうと身体が軽くなりスッキリした気分になり気持ち良かったです。子育て中マッサージに行く事は難しいですが、楽健法は自宅で出来るので家族皆と踏み合いっこを続けたいです。心と身体が元気になるのを実感したセミナーでした。  〈レポートY.T.〉
*******************************************
主人にマッサージをしたくて受講しましたが、母や、育児で疲れ気味の友人にもマッサージしてあげたいと思いました。
マッサージをしてくれている方の足の裏が温かくて気持ち良く、ウトウトしてしまいました。
さっそく自宅で主人にマッサージをすると、「気持ちがいい」と好評でした。時々主人にマッサージをしてやって、仕事の疲れをとりながら、一緒の時間を楽しみたいです。  〈レポートM.H.〉
*******************************************
今回小学一年生の娘と足踏みに参加しました。山内先生は娘にも声をかけてくださり、娘は初めて足ふみをやりました。決して上手な踏み方ではありませんでしたが、踏まれている私はからだがホカホカして全身のコリが緩んでいき、あくびが止まりませんでした。娘も踏まれるの気持ちいい〜と言って喜んでいました。足踏みのおかげで、親子で心も身体もリラックスしました。貴重な機会をありがとうございます。ぜひまた参加したいです。  〈レポートR.M.〉山内先生 楽健法

7/3 川合由美子先生「人格適応論」

7/3(日)に3回目のプレミアム講演会が開催されました。
講師は川合由美子先生。テーマは『人格適応論』
とても興味深いお話で、あっという間の2時間でした(*^-^*)
以下に受講者のレポートを掲載します。
*******************************************
初めて川合由美子先生の人格適応論を受講しました。私は今年度、PTAの役員や子どもの習い事で、新しい人間関係が始まり、いろんなお母さんがいるんだなぁと感じていたところでした。川合先生は『人間はどうやってその性格ができているのか理解するとうまくつきあえるようになる。理解の幅が広がると自分がラクになる。自分を快適にしてあげよう』とおっしゃいました。特にコンタクト・ドアは、初耳でとても参考になりました。興味深い内容を聴き、これからは少し、上手にコミュニケーションがとれそうです!ありがとうございました。 〈レポートR.U.〉
*******************************************
川合先生のご講演はいつもとても解りやすく、もっと学びたい!と思う内容です。
今回印象に残ったのは、「自分にない相手の強みに気付き認める事でよりよい関係が築ける」と言うことです。自分にないものだからこそ、そこに気付くのは難しいと思いますが、自分の考えに囚われず拘らずの姿勢で周囲と関わっていきたいと思いました。 〈レポートY.N.〉
*******************************************
今日は個性の違う方との上手なコミュニケーションの取り方に対してとても勉強になりました。私自身、周りの人とのコミュニケーションの取り方に悩むことが多かったので今日の講演会はとても楽しみにしているものでした。人を6つのタイプに分けたタイプごとの接し方に関しても自分に当てはめて考えると、正しくその通り!!というのが多くて面白かったです。いきなりトラップドアを開けられると確かにその方に対して良い印象は持たないし、壁を作ってしまいます。良い人間関係を築いていくには人のタイプを見極めてコミュニケーションをとっていく必要があることを学びました。色んな人がいるのでなかなか難しいこともあると思うけど、この考え方を知れただけでとってもプラスになりました。周りの人とのコミュニケーションをとるにあたって私も少しずつ活かしていければいいなと思います。とても有意義な時間を過ごさせてもらったので次回の講演がまた楽しみです。ありがとうございました。 〈レポートY.N.〉
*******************************************
20160703.jpg
カテゴリ
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
検索フォーム